No.3

ペットと共同生活


ペットと暮らすことにより、心が癒されることが多いようです。 スウェーデンでは、ペットは家の中で人と共同生活をしています。冬の寒さからまもってあげる意味もあるのでしょうが、 むしろ家族の一員としてペットをみている方が強いと思います。 家族の仲間として、当然しっかりした躾をします。ペットは乗り物やレストランにも人と同行します。
愛情と信頼に裏づけされた、ペットとの共生社会の仕組みがそこにあるのでしょう。
住まいの中に、ペットのための特別な設備はありませんが、のびのびと安心して暮らせる場がきちっと用意されているのは間違いありません。


Copyright © 小比賀 秀士 コラムall rights reserved.