No.20

エルク(ムース)狩


年10月になるとスウェーデンではエルク(ムース)狩が始まります。
南北に長いスウェーデンの南から始まり、1週間ごとに北へ狩猟の地域が移っていきます。森林の所有面積によって獲ってもよいエルクの数が決められています。それはエルクを含めた生態系を保護する意味があるのです。 5〜10人のグループで狩をしますが、事故の起こらないよう各人が帽子にオレンジ色のリボンをつけています。
1週間ほど狩猟小屋に泊り込みでエルクを追っかけます。エルクの肉はその場で味わったり、市場へ売りに出したり、自分たち用に冷凍したりします。スウェーデン人がヴァイキングにもどる時期が10月だと考えているのは私だけでしょうか?


Copyright © 小比賀 秀士 コラムall rights reserved.